エリーゼのために ベートーベン作曲 曲目解説

エリーゼのために ベートーベン作曲 曲目解説

「エリーゼのために」(独:Für Elise)は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが1810年に作曲した有名なピアノ曲です。
この曲は、もとは「テレーゼ(Therese)のために」という曲名だったが、悪筆で解読できなかったのか、何らかの原因で「エリーゼ(Elise)」となったという説が有力視されている。この曲の原本はベートーベンが愛していたテレーゼ・マルファッティの書類から発見された。つまり、テレーゼ・マルファッティがエリーゼの正体ということになる。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です