美しい5月お前はまたやってきた シューマン作曲 曲目 解説

美しい5月お前はまたやってきた 作品 68-13 「子供のためのアルバム」より シューマン作曲

この作品集は1848年ごろにシューマンの長女マリーの誕生日の贈り物として書いた数曲に次から次へと書き足し「クリスマスアルバム」と名づけていたもので、全43曲から成る子どもの指導用作品として重要な位置をしめる作品です。
その第13曲にあたる「美しい5月お前はまたやってきた」は、5月を待ちわびるシューマンの気持ちが込められています。ドイツでは暗く長い冬が過ぎ5月になると、一斉に花が咲き、新緑が芽吹き、明るい太陽が輝きます。その美しさ、嬉しさをたっぷりを歌いあげましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です