「ゆうやけはなび」全曲演奏会:東京2回目と加古川

ちょっと前になりますが、9月16日(日)、原宿のカーサ・モーツアルトで、湯山昭・童謡愛唱歌100選「ゆうやかはなび」全曲演奏会2回目。そして、10月6,7日に加古川(兵庫)、松風ギャラリーで行われた100曲全曲連続演奏会が、無事に終了しました。すべての演奏会に、湯山先生と、奥様の朝倉先生、東京の演奏会には作詞家の、宮中先生、人見先生にもご来場頂きました。

加古川のコンサートは連続で100曲という無謀といえば、無謀な企画でしたが。最後に歌った「あめふりくまのこ」では、湯山先生の指揮も飛び出し、大成功といえるのかな。

12月9日は、東京での100曲演奏会の最後の会です。今まで行ってきた、三島、加古川からも駆けつけてきてくれてにぎやかな会になりそうです。

ぜひ、みなさんも湯山ワールドを楽しみに来てください。

4歳から・・・までのメンバー。東京2回目

作曲者「湯山昭」、そして詩人「宮中雲子」「人見敬子」、うたのおねえさん「高山佳子」を囲んで。
東京2回目

自作の解説をしてくださっている、作曲家「湯山昭」

合唱団とソロの演奏者

アンコールで歌った「あめふりくまのこ」

最後の一節を湯山先生が指揮してくださいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です