東日本大震災から10年、子どもたちの霊にささぐ (Classic Liveシリーズ)

Classic Live 再開!

今回のClassic Live は

前半:「東日本大震災から10年、子どもたちの霊にささぐ」
宮沢賢治「おきなぐさ」の語りに、ショパンとブラームスのピアノ曲を合わせました。

後半:日本古典文学とドイツ歌曲の出会い

日本古典文学の語りと、ドイツ歌曲とのコラボレーションをお楽しみください。
日本古典文学:方丈記・竹取物語 ほか
ドイツ歌曲:小さなお家(レーヴェ)・詩人トム(レーヴェー) ほか
Youtubeのチャット機能を利用して、古典には現代語訳(田中洋子訳)、ドイツ歌曲は日本語訳をみていただきながら演奏いたします。

語り:田中洋子
バリトン:津田直美
ピアノ:津田哲子

2021年3月7日(日) 配信開始14時。(15時15分終了予定)
配信は以下のサイトから行います。 また、当日の様子はアーカイブにも残しますので、お時間当ご都合のつかないかたは、後日にでもぜひ、ごらん下さい。

 

 

配信の視聴料は無料です。今回も投げ銭の用意をしましたので、もし気に入っていただければ、ぜひ投げ銭をお願いします。

投げ銭サイトは以下のサイトです。
https://voce-m.nug-get.jp

東日本大震災から10年、子どもたちの霊にささぐ (Classic Liveシリーズ)” に対して1件のコメントがあります。

  1. 原逸子 より:

    朗読、ピアノ、声楽、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。
    『おきなぐさ』のラストでは思わず胸がいっぱいになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です